海外FXでは国内FXと違って、高レバレッジでFXを行なえる業者が数多く存在しています。

国内FXと海外FXの違い

 

今海外FXが話題を集めています。

 

日本国内でもFX(外国為替証拠金取引)を利用する人は、多くFXを楽しんで資産を増やすユーザーはたくさんいます。
しかしここで注目を集めているのは、海外FXです。

 

なぜ今海外FXなのか?

国内FXと海外FXの違いに注目しながら解説します。

 

国内FXと海外FXのもっとも大きな違いは、レバレッジです。

 

レバレッジとは、てこ原理のことで、少ない証拠金でも大きな為替取引ができるシステムで、成功すれば大きな利益に発展します。
しかし逆に大きなレバレッジを掛けたものの、為替変動が予想と相反した場合、損害額が極めて高額になってしまうのでリスクのシステムだともいえます。

 

特に国内のFXに関する傾向は、レバレッジを有効なツールだと認めながらも損失額が大きくならなよう低レバレッジで取引することをすすめます。

 

そしてあまりにも負けたときの損失額が大きいため、FX業者の間でレバレッジ規制というものが行われました。
以前はレバレッジが100倍~200倍なんていう設定もありましたが、今では25倍程度がいいところです。

 

このように低レバレッジまでしか設定できないようになっているといことは、FXトレーダーを守る傾向が顕著になってきたといえます。
大きな利益が出せない代わりに、損失も小さくて済むといったようなものです。

 

しかしリスクは少なくなっても、大きな成果を上げるという魅力は捨てきれません。
国内FX業者のレバレッジ規制は、短期間トレードやスキャルピングで利益を上げたいトレーダーには不満が起こりました。

 

海外FXでは国内FXと違い、高レバレッジでFXを行なえる業者が数多く存在しています。平均的な相場を見ても300倍から500倍という高レバレッジの会社が多く、中には1000倍や2000倍といった超高レバレッジで取引できるところもあります。

 

これはスキャルピングなどの利ザヤを稼ぐ短期間トレードを行いたいというユーザーに向いています。