外貨投資で成功するには、長期のスタンスで、じっくりと一定の戦略をとることがコツといえます。

国際投資の成功例

外国為替証拠金取引(FX)について

外国為替証拠金取引は、通称FXと呼ばれています。
FXの最大の魅力は、レバレッジが利用できることで少額の証拠金でも証拠金以上の取引が可能になるということです。

 

例えば、1万円の証拠金でもレバレッジが10倍であれば、10万円の取引きが可能になります。

 

日本では、最大25倍のレバレッジが可能となっています。
このFX取引を行う方法としては、自分で判断して行う裁量トレードとシステムを利用して行うシステムトレードがあります。

 

以下、システムトレードを行った成功例を、確認していきます。

 

 

外国為替証拠金取引(FX)の成功例

FXによる運用により、システムトレードを行って成功した主婦の方の成功例です。

 

この主婦の方は、FXを始めた当初は裁量トレードで取引を行ってきました。
その結果、5年前の円高の影響で75万円の損失を出す結果となってしまいます。

 

そこで、再度、取引方法を検討してシステムトレードに方法を切り替えます。
投資資金50万円からの再スタートです。
ストラテジーとして、長期間で収益が発生するようなパターンを模索しながら、収益グラフを毎日欠かさずチェックしていきます。
ちなみに、ストラテジーとは、戦略のことです。

 

この主婦の方は、ストラテジーを入れ替えることをほとんどしなかったようです。
基本的に2本のストラテジーで運用し、1本は変更せずに、もう1本は2回ほど変更したようです。

 

この方法で資産をわずか、1年で50万円から100万円にすることに成功したようです。

 

この主婦の方の成功例にあるように、、最初は失敗からスタートしています。
システムトレードに変更してから 勝率が上がったようです。

 

やはり、失敗することで、学ぶことが多く、ストラテジーという戦略を見直すきっかけになったといえます。

 

株手投資や債券投資でもそうですが、外貨投資で成功するには、長期のスタンスで、じっくりと一定の戦略をとることがコツといえます。