国際投資は課税される税金や税率を低く抑えながら、将来的に大きな資産に拡大させたい人におススメです。

国際金融投資

 

国内の高すぎる税率を避けて海外の金融商品を購入する国際金融投資について解説します。

 

金融における国際投資とは、オフショア投資と呼ばれることもあります。オフショア投資というのはどういうことかというと、少し前にタックスヘイブン(租税回避地)における課税逃れの問題が問題になりました。

 

タックスヘイブンとしては香港やルクセンブルク、モナコ公国、バミューダ諸島、ケイマン諸島などがあります。

 

海外の金融投資とは、海外の投資向けの金融商品に投資をすることで、その収益の税率や非課税などのメリットを受け取ろうというものです。また海外の金融商品の方が国内の金融商品よりも利回りがよかったり、大きな収益が見込まれるため投資先の一つとして考えておきたいところです。

 

注目を集めるオフショア投資

また海外に口座を解説して、外貨として資産を保有しておくことが資産保全のために良いとする動きもあり、オフショア投資はますます注目を集めています。

 

また海外の金融商品は、手数料が国内金融商品に比べて低いことが魅力です。
例えば日本国内では資産課税として20%ほどの税率がかかりますが、オフショア投資をすることによってそういった課税から逃れることができます。
またその投資によって得られた利益に対する税金が低く設定されていたり、もしくは課税されないというメリットもあります。

 

このように魅力的なオフショア投資ですが、中には有利な税率や利率のオフショア投資を装って出資者から投資金を不当に集める詐欺的な業者がいることも事実です。

 

こういった業者に騙されないためにも事前に正しい海外金融投資の知識を学んで、信頼できる機関に相談することをおすすめします。
課税される税金や税率を低く抑えながら、将来的に大きな資産に拡大させたいという人は、ぜひ国際金融投資を検討してみるといいでしょう。