ノルウェ-のクローネ預金は、為替レートが安く、金利も3%と高いのが特徴です。

預金するならどこの国がおすすめ

ノルウェーの経済について

ノルウェーは、人口が495万人と小規模の国ですが、1人当たり名目のGDP換算は世界第2位といわれており、
経済力のある国であるといえます。

 

ノルウェーは、社会福祉に注力し、スウェーデンやデンマークなどと同様に福祉国家となっています。
また、今から50年前に、北海油田が開発されて以来、ヨーロッパ諸国では資源国の1つとなっています。
さらに、ノルウェーの経済は、EU経済と密接に関係していますが、スイスと同様に独立したポジションをとっています。

 

したがって、ノルウェーは独立しており、経済面で安定した基盤のある国ですが、懸念点もあります。

 

なぜなら、石油や天然ガスなどの天然資源は、減少していくと予測されているからです。
よって、石油収入を次の世代のノルウェー人にも活用できるように、ノルウェー政府年金基金が資産運用を行っていますが、
今後は、石油資源に依存しない産業の創設が課題であるといえます。

 

 

ノルウェークローネの外貨預金の特徴

外貨預金は、金利が高く人気が高い商品です。
その中でも ノルウェークローネ預金は密かな人気となっています。

 

ノルウェーの知名度はあまり高くないですが、金利は3%となっています。
よって、メジャーな通貨である米ドルやユーロより高い金利です。 

 

ただし、為替の動向の次第では3%の金利も上下し、さらに手数料がかかるので、
外貨預金をする上では注意が必要であるといえます。

 

 

ノルウェークローネの外貨預金の人気の理由

前述したようにノルウェーは、北海油田を保有しており、現状では安定した収入が見込める国であるといえます。
よって、石油収入を財源としたノルウェー政府の年金基金の動向が、相場の変動に影響を与えるといもいわれており、
原油国通貨になっています。

 

また、南アフリカなどの国と比較しても、政治的な不安リスクが低く、安定しているのも人気の理由であるといえます。

 

ノルウェークローネの値動きは、欧州通貨であるユーロ円と似ており、
値動きの定点観測がしやすく、値動きの幅もユーロ円と比較して小さいので、安定度は高いといわれています。

 

さらに、現在1クローネは16円台となっており、主要国の通貨と比較しても為替レートが安く、
金利も3%と高いので外貨預金として預けやすい特徴があるといえます。